So-net無料ブログ作成
検索選択

江戸東京たてもの園レポート、再び。 [取材]

ちょっと前に
仕事で東京の西の方に行った帰りに、
小金井公園の近くを通ったので、
前にも見学したことがある
江戸東京たてもの園
ちょこっと寄り道してみました[わーい(嬉しい顔)]
01.jpg
ブログをチェックしてみたら
に来たのは2012年だから
[4]年ぶりの来園です[るんるん]


前回も紹介したんだけど、
江戸東京たてもの園は、
江戸時代~昭和初期までの
都内の歴史的・文化的価値の高い
建造物30棟が復元・保存・展示
されてるミュージアムで、
貴重な文化遺産として
次の世代に継承してくことを
目指してるそうです[ぴかぴか(新しい)]


まずは江戸東京たてもの園の
正面出入口にもなってる
ビジターセンター前でパチリ[カメラ]
02.jpg
インフォメーションセンターや
ミュージアムショップ、カフェ、
図書コーナーなどがある
このビジターセンター(旧光華殿)は
1940年に皇居前広場で行なわれた
紀元2600年式典のために
建設された建物で、
1941年に今の小金井公園に移築され、
江戸東京たてもの園の開園のときに
ビジターセンターとして改修されたそう。


まずは園内マップを見て作戦会議[目]
03.jpg
よし、今回は前にまわれなかった
建物を中心に見学してしてみよっと[るんるん]


というわけで、早速西ゾーンから
見学を始めることに[ひらめき]

ビジターセンターから
西へ向かって歩いてくと
だんだんと昔なつかしい光景に
変わってきました[わーい(嬉しい顔)]

そして西ゾーンのいちばん西に到着~[ダッシュ(走り出すさま)]
05.jpg
この茅葺き屋根の大きな民家は
江戸時代後期に建てられた
名主役を務めたといわれる農家、
吉野家[かわいい]


付け書院のある奥座敷が
格式を感じさせます[ぴかぴか(新しい)]
06.jpg


土間には囲炉裏もありました。
07.jpg
なんだか前に遊びに行った
南会津の大内宿を思い出しちゃった[わーい(嬉しい顔)]


つづいては藁葺き屋根の民家から一転して
モダンな洋館へ[ぴかぴか(新しい)]
08.jpg
赤と白のコントラストがオシャレな
デ・ラランデ邸
元々平屋建ての洋館だったけど
明治時代にドイツ人建築家の
ゲオルグ・デ・ラランデ氏が
3階建てに増築したそう。


実はこのデ・ラランデ邸は
軽食やデザート、喫茶を楽しめる
カフェになってるんです[喫茶店]
09.jpg
わ~、パンケーキ、おいしそう[黒ハート]


このステキなアーチを抜けて
カフェでちょっとひと休み[るんるん]
10.jpg
したかったんだけど、
閉館時間が迫ってきてたので
泣く泣く断念・・・[もうやだ~(悲しい顔)]


パンケーキに未練たらたら、
後ろ髪をひかれつつも見学再開[exclamation×2]

デ・ラランデ邸のお隣は
日本におけるモダニズム運動を主導した
建築家堀口捨己氏が設計した小出邸[かわいい]
11.jpg
ヨーロッパから帰国直後に設計したので
当時のオランダで流行ってたデザインと
日本の伝統的な造形が混ざり合った
和洋折衷の造りになってるそう。


そのお隣が今、江戸東京たてもの園で
いちばん注目を集めてる建物、
前川國男邸[ぴかぴか(新しい)]
12.jpg
その理由はというと・・・[次項有]
この建物を設計した日本を代表する
建築家のひとりの前川國男氏は
今年、世界文化遺産に登録された
上野の国立西洋美術館を設計した
建築家ル・コルビュジエの弟子
ということで、
木造モダニズムの傑作と言われる
この前川邸に対して国内外からの
注目が高まってるそうです[ひらめき]


つづいてはセンターゾーンにある
明治から昭和初期に活躍した
政治家、高橋是清の邸宅[次項有]
13.jpg


こちらのお屋敷は
港区赤坂にあった庭園の一部も
いっしょに復元されてるんです[るんるん]
14.jpg
ふわ~、気持ちいい~[黒ハート]
森林浴でマイナスイオン浴びまくり[ぴかぴか(新しい)]

高橋是清氏もこの自宅の庭で
日光浴や散策を楽しんでたらしいです[わーい(嬉しい顔)]


いよいよ見学も大詰め、東ゾーンへ[次項有]

宮崎駿監督のジブリ映画
『千と千尋の神隠し』に登場する
釜爺の仕事場のモデルになった
三省堂をはじめ、
昔の商店や旅館が立ち並び
下町の風情を楽しめるこのゾーンは
にた~っぷりレポートしてるので、
今回はそのときにまわりきれなかった
建物を紹介しますね[わーい(嬉しい顔)]


このモダンな建物は村上精華堂[かわいい]
15.jpg
昭和初期の小間物屋(化粧品屋)さんで、
化粧用のクリームや椿油、香水などを
作って、販売してたそう。


外観はモダンだけど、
店内は江戸時代の商店みたい[わーい(嬉しい顔)]
16.jpg
番頭さんとか出てきそうな雰囲気
だと思いません[exclamation&question]


こちらは港区白金で営業していた
小寺醤油店[かわいい]
17.jpg
醤油以外に味噌や酒類も
扱ってたそう。


店内はなんともなつかしい雰囲気[わーい(嬉しい顔)]
18.jpg
でも今も地方の方に行くと
こういう雰囲気のお店ありますね。


最後は台東区下谷で
江戸時代から営業していた
居酒屋の鍵屋[るんるん]
19.jpg
この建物、震災も戦争も
奇跡的にまぬかれたんですって[ひらめき]

なんだかこのお店で飲んだら
すごい強運の持ち主になれそう[わーい(嬉しい顔)]


閉園時間が近づいてきたので
このあたりで見学を終えて
ダッシュでビジターセンターにある
ミュージアムショップへ[次項有]
20.jpg
園内の建物の写真の絵はがきや
江戸東京に関する本、江戸玩具など
江戸を感じるグッズが大充実[ぴかぴか(新しい)]


そのなかでもわたしが気になったのは
園内の建物のペーパークラフト
21.jpg
オシャレな手ぬぐい[ぴかぴか(新しい)]
22.jpg
今回見学した鍵屋と
小寺醤油店の柄のがある~[目]


ショップスタッフさんに伺った
オススメアイテムがコチラ[かわいい]
23.jpg
わたしも気になった
オリジナルの手ぬぐいや、
園内の建物にまつわるエピソードや
スタジオジブリ作品の監督・
美術スタッフによる描き下ろしの
イラストなどを多数おさめた本
『新 江戸東京たてもの園物語』
映画監督の宮崎駿さんが制作した
江戸東京たてもの園のキャラクター、
えどまるのボールチェーンマスコットです。

どれも江戸東京たてもの園の
ミュージアムショップでしか買えない
オリジナルアイテムだそうです[ひらめき]



ショップでお買い物を楽しんだところで
4年ぶりの江戸東京たてもの園の
見学&散策が終了~[end]

前回見学できなかった建物を
ほとんど全部まわれたし、
短時間でギュギュっと凝縮して
楽しめました[るんるん]

あ、でもデ・ラランデ邸の
ステキカフェでお茶できなかったのは
ちょっと、否、かなり心残りかも[あせあせ(飛び散る汗)]
これは次の宿題ということで[わーい(嬉しい顔)]

みなさんもぜひ
貴重な歴史的建造物が並ぶ
江戸東京たてもの園
古き良き時代の江戸・東京気分を
味わってみてくださいね[るんるん]
24.jpg
冬休みや年始のおでかけも
オススメですよー[かわいい]

あ、中に入って見学できる建物も
たくさんあるので、
ぜひぜひ時間に余裕をもって
来園してみてください[ひらめき]

詳細は江戸東京たてもの園HP
ご覧ください[目]
楽しい体験型イベントなども
随時開催されてるそうですよー[ひらめき]


nice!(8)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:PostPet

nice! 8

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました